プラズマローゲンサプリの比較と飲むタイミングの勧め

“サプリにもなっているプラズマローゲンは、人間の身体にもともと存在する抗酸化作用を持つ、リン脂質のひとつです。脳細胞をコントロールしていて、脳がストレスを受けた時に起きてしまう酸化を防ぐ役割を果たしています。
脳が酸化されてしまうと、アミロイドβというタンパク質が蓄積されてしまいます。これはアルツハイマー型認知症を発症させる原因タンパク質で、蓄積すると老人斑という脳のシミとしてあらわれます。
プラズマローゲンは、脳の酸化を防ぎ、蓄積された異常タンパク質のような老廃物を排出させることで、脳を活性化させます。
この事実を発見してサプリ化に成功したのは、九州大学の研究チームです。独自研究によって認知症予防への効果を実証しています。
現在では数種類のプラズマローゲンサプリが販売されていますが、比較して一番人気が高いのは九州大学の研究チームが取得した特許を元に開発された高純度のものです。 
比較する基準として、含有量、一緒に配合されている成分、飲みやすさ、などがあります。
吸収効率の良さや手軽さなどを基準にして、どれがいいかを決めてみるといいでしょう。
プラズマローゲンサプリを飲むタイミングですが、医薬品ではないので特別決まっていません。
ただ、最も吸収効率がいいのは空腹時です。なので、飲み忘れを防ぐという目的にもかなっている飲むタイミングとして、食事前に飲むようにするといいです。
脳は60%が脂肪でできている器官で、脳によくない脂肪を摂取していると脳機能が低下するとも言われています。脳は代謝が盛んなので常に細胞が生まれ変わっていますが、それも加齢によって速度が遅くなっていくこともあるので、気をつけましょう。
サプリの中には、オメガ脂肪酸などの脂肪酸を含んだものもあります。脂肪の中でも脳にとって大切な脂肪と言われている成分で、健康な脳機能維持に役立ちます。
プラズマローゲンを摂取する時には、他に配合されている成分もチェックしておくといいでしょう。
ただし、それさえ摂取していれば不健康な生活を送っても大丈夫というわけではありません。脳に悪い脂肪の代表と言われているトランス脂肪酸などを過剰摂取し続けていれば、脳の酸化が進んでしまいます。
プラズマローゲンはそれを抑えたり、機能を回復させるのに役立ちますが、それだけではいけないので生活にも注意しつつ使うようにしましょう。
うまく使うことで、本人と介護者の負担を減らせるはずです。”
プラズマローゲンの驚くべき効果を詳しく知りたいならコチラから