認知症改善に体内物質プラズマローゲンのサプリを比較

“人間や動物の体内物質としてプラズマローゲンというものがあります。脳神経細胞や心筋・リンパ球・マクロファージなどに多く含まれている物質ですが、ストレスを受けることでの脳細胞の酸化や劣化など脳疲労から守ってくれるのです。プラズマローゲンが身代わりとなってくれます。

体内物質・プラズマローゲンですが、コラーゲンやホルモンなどさまざまな成分同様に年齢を重ねるごとに減っていきます。それだけでなく、アルツハイマー型認知症の患者の場合は健常者と比較して明らかにプラズマローゲン量の低下率が高いことが研究によって分かったのです。プラズマローゲンを補い、脳の働きを活性化することで認知症予防に繋がります。今までは難しいと言われてきていた人への投与も研究により可能となりました。高純度のものを大量に抽出・製造することができるようになったのです。今、サプリメントの形でアルツハイマーの予防や改善に取り入れる方が増えてきています。認知症レベルが中度まで進んでいた人がサプリメントを摂取することで軽度まで回復した例も見られます。高齢化社会を迎えて認知症患者の割合が年々増えている現在、画期的なサプリメントなのです。

プラズマローゲンは食材にも含まれています。ホタテやホヤなどの貝類・鶏胸肉などです。ホヤなどは一般的とは言えない食材ですが鶏胸肉であれば安上がりで入手しやすく、調理もしやすく肉類ではありながらも高齢者でも食べやすいおすすめの食材と言えるでしょう。ただ、認知症改善のレベルまで食べるとなると毎日大量に摂取する必要があります。それよりはそれらの食品から抽出した純度の高いものをサプリで摂取する方が簡単で効率的なのです。1ヶ月に1万円以内というお値段は他のサプリと比較して決して安いとは言い切れませんが、認知症になり何も分からなくなって周りにも迷惑をかけて、というリスクを考えれば十分安いお値段となるでしょう。

お年寄りでも飲みやすいゼリー状のものやドリンクタイプもあります。いろいろな商品を比較して選ぶようにしましょう。
元々人の体内にある成分だけに副作用の心配はありません。むしろ使用を止めることでアルツハイマーにどのような影響があるか分からない以上、一度使いはじめたらとにかく服用を続ける必要があるでしょう。年を重ねても飲み続けるのが困難ではない商品を選びましょう。

アルツハイマー以外の認知症にも有効とされています。”
認知症を予防するならこのサプリがオススメ