比較すると期待感が高まる脳細胞を守るサプリのプラズマローゲン

“プラズマローゲンは、脳細胞を酸化から守る成分の一つで、認知症の改善に役立つと期待されています。
研究段階の当初は、薬を前提に研究開発を行い、申請を受け医薬品として認可を受ける予定がありました。
しかし、国内で研究開発、そして医薬品の認可を受けようとすると、研究期間が10年前後、実現までに費用が200億円必要という試算が出ています。
これでは、一斉に加齢で認知症のリスクが高まる、団塊の世代の治療に間に合わなくなることが分かります。
プラズマローゲンの研究者達は、薬よりも認可の時間や実現コストが低くなる、目標に切り替えてサプリを商品化しています。
従来のサプリでも、認知症の予防や改善に役立ったり、症状の進行が食い止める可能性がある、幾つかの商品が発売されました。
ただ、血流を促すタイプのサプリは、プラズマローゲンと比較すると表面的な作用に過ぎず、脳細胞を守る働きが不十分で足りません。
勿論、補助的に使うのであれば、相乗的に作用を高める期待感が得られるでしょう。
血流改善から一歩進み、サプリは認知症の悩みを助ける、効果的な商品も次々と登場しています。
卵黄や大豆レシチンを含む商品は、脳神経細胞の伝達を活性化したり、神経伝達物を助ける働きがあります。
このタイプは、防御力を高めるプラズマローゲンと比較して、積極的に脳の働きを高める種類に分類されます。
それぞれ異なるタイプですが、研究が進み相乗効果があると分かれば、併用で効果的に脳細胞を若く保つことが可能になるでしょう。
自覚症状のある初期段階で、症状の進行に不安がある場合は、プラズマローゲンに近い成分を含む、既存の商品も選択肢になります。
リン脂質のプラズマローゲンと、DHAとのハイブリッドでは、厳密には成分が違いますが、脳細胞を保護する基本的な働きには共通点があります。
既に登場しているプラズマローゲンサプリの多くは、どれも1ヶ月あたり1万円以上と、経済的な負担が増える傾向があるといえます。
一方、プラズマローゲン研究会認証の商品は、初回お試し価格が約2千円で、それ以降も優待価格で購入出来る点がメリットです。
月額負担は、比較を行い小さな差でも、年単位で続けるとなると大きさ差に発展します。
これから試す予定があるなら、出揃っている商品を比較して、価格に見合う成分量と、安心が感じられる商品を選択することがポイントです。
薬ではなくても、認知症を改善する作用が広く認められれば、治療や予防は難しくなくなり、手軽に改善出来る時代が実現します。”
xn--sckp3cubq7bxe8a5c2e3368bjn8b.com